新着情報

“OMOTENASHI App” 訪日観光客をもてなす宿泊施設連携プログラムの開始について

2016年9月20日

一般社団法人ゲートウェイ・アップ・ジャパン

 

9月7日公表の「“OMOTENASHI App”と“IntroJAPAN”について」を展開する一環として、既に“OMOTENASHI App”の本格的な提供が始まっています。20万を超えるWi-Fiアクセスポイントが無料で利用できるこのアプリは、訪日観光客にとり、手間をかけダウンロードするだけの魅力があります。大規模災害発生時に災害情報等を届けるためには、日本を旅行する間、つながっていなければならないので、フリーWi-Fiのサービスがその役割を果たしてくれ、つながっていることで、その旅行者への様々な情報提供が可能になります。

しかし、アプリの存在が訪日観光客に知られないことにはダウンロードされず、つながることもできません。そこで、ホテルや旅館等の宿泊客に“OMOTENASHI App”を紹介するプログラムを開始します。

宿泊客の一部には、全国各地でWi-Fiサービスを無料で利用できる“OMOTENASHI App”は魅力があるでしょうから、そのアプリのダウンロードを呼びかける際、併せて“IntroJAPAN”への写真やメッセージの投稿を呼びかけるのも一案です。宿泊施設や地域のPRにつながるので、投稿にインセンティブを用意することもできるでしょう。

“WonderJAPAN”で施設を紹介したり、“OMOTENASHI App”のプッシュ機能を使って街中や近郊の旅行者に宿泊利用や延泊を呼びかけたりといったことも、戦略的に行えます。

GAJaでは、こうした取り組みを一緒に進めてみようというホテルや旅館等を募集します。詳細は下記ファイルをご覧ください。

 

“OMOTENASHI App” 訪日観光客をもてなす宿泊施設連携プログラムの開始について.pdf

ページトップへ